【平屋建築計画】1:メンテナンスフリーで住みやすい家を作ろう

メンテナンスフリーな家作り

ということで一人暮らし用の平屋を検討していきます。

メンテナンスフリーなハウスメーカーを探す

どういうハウスメーカーでお願いするか。最初にして最大の関門です。
自分の気になってるテーマを決めてそこに強そうなハウスメーカーを探していこうと思ってます。

決める際の軸がないとブレちゃいますからね。と言っても前回建てた際はわからないまま勢いで3社見積もり取ったんですけどね、1:セキスイハイム 2:一条工務店 3:桧家住宅 なんて3択でした。我ながらなんかポリシーが感じられない3択じゃないですか?(笑)

10年後、20年後にお金掛かるのは嫌なのでメンテナンスフリーなおうちがいいな~。
あったかい家がいいなぁ~。
全館空調とか快適だよな~。かっこいい家がいいなぁ〜。

この辺をテーマにググりまくります。

  • 屋根は瓦がいい
  • 外壁はできればタイルがいい
  • 断熱性能を売りにしてるハウスメーカーがいい
  • 全館空調が採用できたらいい


この辺りが個人的重視ポイントでしょうか。

屋根は瓦がいい

メンテナンスフリーその1です。

15年後くらいに屋根のメンテナンスに100万円掛かりますとか言われても用意できない場合だってあるかもしれません。その際、イケてない業者がやらかして雨漏りしちゃうかもしれません。※昔築30年位の中古住宅を建て替える前提で買ったことがあるんですけど雨漏りしてました(笑)

スレート屋根とかだとメンテが必要になってくるので瓦屋根が標準のハウスメーカーを選択したいですね。

外壁はタイルがいい

メンテナンスフリーその2です。

10年ごとに外壁塗装のやり替えが必要ですと言われてもきついです。
しかもそういう屋根って年々色褪せてきちゃいそうですよね。外観ってほぼ毎日帰宅時に目に入るのでできるだけ常にいい感じを保っていたいものです。

やはりタイルがいいですね。前回建てたセキスイハイムはお洒落なタイルでした。名前忘れましたが..

ただ、タイルは基本メンテナンスフリーですが、タイルの間に目地が入ってくると目地はメンテナンス対象になるのでご注意を。目地の扱いがどうなってるかまでしっかりと確認するようにしてください。

目地が10年ごとにやり替える必要がってなると、そこでそれなりの費用が発生しちゃいます。2階建てなら足場組む必要も出てしまうので気を付けましょう。

断熱性能のいい家

これがなかなか難しいテーマかなと思いました。
と言ってもこれだけを取ってみれば、自信のあるハウスメーカーはHPなどでアピールしてますのでそれを見つけてくればいいのです。

ただ、いろいろな性能の値があります。

  • Q値→断熱性能:家全体から逃げる熱量を床面積で割ったものです。逃げる熱量には換気も含まれます。
  • UA値→断熱性能:家全体から逃げる熱量を家の表面積で平均したものです。Q値とは異なり、換気で逃げる熱量は考慮されません。
  • C値→気密性能:すき間の少なさを表すため、小さいほど気密性能が高くなります。

上記3種類をきっちり掲載しているハウスメーカーはほとんど見つかりませんでした。性能特化グレードだけは載せているけど普通の商品は載ってないとかもよくあります。

ただ、これ素人が検討する際に難しいところがどれくらいの値だとどれくらいの住みやすさ・光熱費削減につながるのかっていうのが具体的に見えづらいところです。

ぶっちゃけ前回建てたセキスイハイムは上記値はそれほど高い建物ではありませんでしたが、全然満足できるレベルでした。継続的な検討テーマでしょうかね。

全館空調

お次はこれです。
全館空調はセキスイハイムの快適エアリーで経験済みですが、非常によかったです。費用対効果は正直わかりませんが脱衣所も寒くないですし満足度数は高めです。

ただ、これを採用できるハウスメーカーとなると一気に限られてしまうのが難点です。しかも予算的に今回は厳しそうな空気がぷんぷんしてます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です